10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚の話

ポスティングの人になっていた八咫烏は、帰ってくるとこんな面白い家があったと嬉しげによく話してくれました。

おもしろさにもいろいろあって、
狭い道を入って行った所に場違いな様子の洋風のお屋敷があって、うなぎの寝床のように細長い土地の前面は洋画に出てきそうな、馬車が停まっていれば似合いそうな広場になっているお宅、とか

家の周りが妙に小ざっぱりと片付いて物が無いお宅。
子どもたちが巣立って年老いた夫婦だけになってひっそりとしちゃったのかな?それにしても人の住んでる気配が感じられないこの感じはなんだろう、こういう家が多いんだよ、とか

これは廃虚だろうと思ったらひとの声が聞こえて、住んでるんだ!と驚く家とか。…とかとか。

屋並み街並みで世相を読み解く的な本書けるんじゃないの?と感心する観察と考察です。

そんな中、金魚のひとの話を聞きました。
アパートの一階に水槽が並んでいてそこに金魚がたくさんいるんだそうです。趣味で鑑賞として飼育しているには奇妙な光景だったと。
次に行った時、人がいて世話をしていたので話を聞いてみたそうです。
金魚の品評会に出す金魚を育てているんだとか。賞を取れる金魚を目指しているんだけど、定年退職してお金も時間も掛けられるおじさんたちには敵わないねえ、だって。
それでも続けるんでしょうね。雄雌の見分け方とか繁殖のしかたとか、いろいろ教えてくれたそうですです。

なんだかとても気に入ってしまった話でした(^^)


昔作った花器。『江戸風金魚鉢』
時代劇で殿さまの部屋に置いてあります。
江戸風金魚鉢 花器 (2)
出品した陶芸展の先生に、『若いんだからこんな古典な物じゃなく斬新な発想で新しいものに挑戦しなきゃ!』
との評を頂きました。
見たことのなかった私には『新しいもの』だったんですけどね~

上に縁につかまって踏ん張っているのは亀。
覗く先には、
江戸風金魚鉢 花器 (3)

白蛇さま。
江戸風金魚鉢 花器 (4)
この組み合わせに特に意味があったわけではなく、何となく土をこねていたら亀らしきものと蛇らしきものが出来たので、付けてみました。

正面 彫り金魚
江戸風金魚鉢 花器 (5)


江戸風金魚鉢 花器

陶芸作品には表と裏があって、表が良ければいいんだとか。せっかく遊べるのに裏もなんかしなきゃ!と言うコトで、裏は絵を描きました。
底に潜むヤマトヌマエビがお気に入りです。


ひと押しお願いします (^_-)-☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

黄色木香薔薇

Author:黄色木香薔薇
長野市と須坂市合わせて全部で11店舗を展開する木島屋&クリーニングアップル。 その9店舗目として2008年3月にアップルローズ桐原店としてオープンし、2013年1月に閉店。4年10カ月の経験をもとに若槻大通りアップル吉田店に引っ越しました。 来て・見て・楽しい!お店づくりを目指すのはこれからも一緒です。クリーニング工場も新築して、仕上がりにもますます自信あり!皆さま遊びに来てくださいね。
月~土9:30~19:30
日祝10:00~19:00
定休日はありません(T_T) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。