11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いなくなる

先月も終わりに近づいたころ、実家の猫のチビが死にました。19歳でした。
少し前から弱り始めて食べ物を受け付けなくなり、水だけで命を繋ぎ、10日目のことでした。

行かないときは3月も実家に顔を出さないくせに、この時ばかりはすぐさま実家にとんでいき、チビを見舞いました。よたよたと、それでも自分の脚で歩いて水を飲み、トイレに行きます。眼の光も力強く、このまま持ち直すんじゃないかと期待したくなりましたが、数年前病気で死んだうちの猫、くっきーの時でそんなことはないんだと思い知っています。
くっきーも一時意識もうろうとなりこのまま死んでしまいそうだと思ったその翌朝に強い目の光とともに復活しました。でももう飲むことすらできない状態で口を湿らすのが精いっぱい。それでもよく生き、私の膝の上で死にました。

チビが死んだと母から知らせを受けて、2日後にはまた実家に行きました。寒い晩、春を待たずに逝ってしまったチビのために春の塊のような黄色とピンクのチューリップの花束を持って。

大好きな母のそばで母にお腹をポンポンされながら逝ったと聞いて、母もチビも幸せだったね、良かったねと思いました。

何食べても美味しくない、そもそも食べられないという母にお隣のほか弁で高菜明太子弁当を買って行き、一緒に食べながらチビの話をしました。
その時長年思っていたけどだれにも言ったことのない事が口をついて出てきました。

『チビって猫じゃないみたいだよね。何か、おねえちゃんみたいだった』
チビ2歳

私がチビと暮らしたのは4年だけで、そのあとは家を出てしまっていたのですが、その4年間で、チビは私のおねえちゃんになった。
チビ2歳 (2)

その言葉を聞いた母が顔を輝かせて、
『そうなんだよ!チビは猫じゃなかった。私が言ってることみんな理解してたしね。誰からも、良い猫だって言われた、ほんとにおだやかで物わかりが良い、いい猫だって』

言いながらふたりで泣いてたわけですが、この会話のおかげで私は少し楽になりました。母も、久しぶりにご飯がおいしくなったと喜んでいましたし。

これで3匹いた猫をみんなおくった今、もう猫は飼わないと言っていますが、落ち着いたらまた猫のいる暮らしを始めてほしいと思っています。
毎朝布団の中とか上とか横とかに猫の重みを感じながら目覚めるのは、とても幸せはことですから。

先週の土曜日の晩に、陶芸教室でお世話になった湯本さんが亡くなったと連絡がありました。
目の前が真っ暗になり、足元に大きな黒い穴があいて、そこに私は今落ちている、と思いました。

数か月前は年を感じさせない元気さで、県高齢者作品展で最高賞の県知事賞をとったんだ!新聞を見せてくれました。
万華・作 (2)
50cmの大皿ふたつ挽いて、今度はこんなの描くんだと、楽しそうに今後の予定を話してくれました。

今日はこれから社交ダンスの個人レッスンなんだと言っていたので、先生は女性でしょ?先生も湯本さんの彼女?
湯本さんは常時2人から4人彼女がいて、多彩な趣味と同じだけの情熱で女性も大好きでした。
『いや、先生は先生だ。社交ダンスは真剣だからな』

年末に行き会った時は体調を崩していて元気が無かったので心配していましたが、今までもほどなく復活していたし、湯本さんは死なないとみんなに言われいて、それはまあ無理としても、好きなことして100まで生きて大往生すると思っていた。

最近湯本さんの影響か、社交ダンスって良いかも!と思うようになり、基本のステップだけでも教わろうと思っていました。昔飲み会の席で誰かが歌うカラオケをBGMに色んなステップを教えてくれたのですが、恥ずかしがってちゃんと教わらなかったのが悔やまれます。

同じくお酒の席で、その時は座敷だったのですが、座が乱れてあちこちで盛り上がっている時おもむろに『木香ちゃん良い脚してるなァ!』と言いながら正座しているジーパンに包まれてパンパンになっている私の太ももをさわさわナデナデ。
相手が湯本さんですから光栄に思うことにして、そうですか~?と気の済むまでなでなでしててもらいました。一瞬気を逸らしてる間に、あれ?湯本さん居ないという感じで引き際もお見事。

こんな話を、湯本さんをよく知るだれかとしたかったのです。でも誰とも出来ない。ひとりで湯本さんのあんなことこんなことを思い返しているだけで、さびしくてたまらなかった。

告別式に出席してきたと人形作家のKaoさんから連絡があり、そこでやっと湯本さんの話が出来ました。ほんの短いメールのやりとりだったけど、その時だけ、影になってしまった湯本さんが立体化したみたいな、そこにいるみたいな気持になりました。

本当はもっと語り合いたい。
湯本さんのこと、チビのこと、くっきーのこと。
でも、ただそれだけが難しいので、ここに書かせてもらいました。

読んでくださってありがとう。

湯本さんの作った女河童のカップ、大切に使うよ。
万華・作

関連記事
スポンサーサイト

No title

お別れが続いたのですね。
不謹慎かもしれませんが、とても心が温まる記事でした。
見送るものにとってはとても辛いことだと思うのですが、
めいっぱい愛し、愛される人生も猫生も残った人にしあわせを残しますものね。
チビちゃんも湯本さんも空の向こうで笑ってる気がします。

ipu-8 陽子さま

ありがとう。
そう言ってくださってとても慰められました。

思い返す湯本さんはいつも笑ってるんですが、
いまの湯本さんも
チビと並んでこっち見て笑ってる姿が見えた気がしました。
ありがとう。

湯本さんの好きだった塩キャラメル買って来ます。

鍵コメさま

こんにちは。

猫のいる生活はいいですよ。
ゆうべ眠りに着いた時は身ひとつだったのに、
今朝目覚めたら右横に腕枕したくろが、
お腹の真上にしろが乗っかってました。
そのままさらに1時間寝ました。

重かったです。
Secret

プロフィール

黄色木香薔薇

Author:黄色木香薔薇
長野市と須坂市合わせて全部で11店舗を展開する木島屋&クリーニングアップル。 その9店舗目として2008年3月にアップルローズ桐原店としてオープンし、2013年1月に閉店。4年10カ月の経験をもとに若槻大通りアップル吉田店に引っ越しました。 来て・見て・楽しい!お店づくりを目指すのはこれからも一緒です。クリーニング工場も新築して、仕上がりにもますます自信あり!皆さま遊びに来てくださいね。
月~土9:30~19:30
日祝10:00~19:00
定休日はありません(T_T) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。