05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三びきのやぎのがらがらどん 絵入り

昨夜はびんずる、にぎやかだったようですよ。
店を閉めて車でぐるりとまわってきました。メイン通りを横切っている道の信号待ちの時に、折り返していく踊る人々をちらりと見、響いてくる音色をを聴いて、ん~祭りだねえ!とちょっとだけウキウキ感を味わったのでした。

今日、ハッピを持ってきたお客さんに参加したんですか?と聞いたら、
『そうなんですよ~賑やかだったですよ。でも寒くてねー』

そうなんです。昨夜は夏とは思えないぐらい涼しい夜でした。二の腕さすりながらお風呂で温まったほどに。
8月に入ってから、朝は盛大にセミがみんみん鳴いているのに空は秋のような優しく澄んだ色合いで、夏っぽくかんじません。夏は先月のうちに走り抜けてしまったのでしょうか。

さて、きのうの三びきのやぎのがらがらどん、今度は絵入りです。

表紙
三びきのやぎのがらがらどん

見開き
三びきのやぎのがらがらどん (2)

三びきのやぎのがらがらどんは、山の草場で太ろうと、山に向かいました。
途中の谷川に橋があって、そこを渡らなくてはいけません。
しかし橋の下には気味の悪い大きなトロルが棲んでいます。
ぐりぐりめだまは皿のよう、突き出たはなは火かき棒のよう。
三びきのやぎのがらがらどん (3)

いちばんはじめにちいさいやぎのがらがらどんが橋を渡ります。
三びきのやぎのがらがらどん (4)

『だれだおれの橋をかたことさせて渡るのは』
『ぼくですよ、いちばんちびやぎの がらがらどんです』

『よおしお前をたべてやる』
『ああどうかたべないでください ぼくはこんなにちいさいんだもの。少し待てば二ばんめのやぎのがらがらどんがやってきます。ぼくよりずっと おおきいですよ』

『そんならとっとと行ってしまえ』

しばらくして二番目のやぎのがらがらどんが橋をがたごとさせてやってきました。
       ≪以下、略≫ 
    …二番目ってかわいそうですよね…

そしておおきいやぎのがらがらどんが登場。
がたんごとんと橋をならし、きしませ、トロルにむかって叫びます。
『おれだ!おおきいやぎの がらがらどんだ!』

ひどくしゃがれたがらがらごえでした。
三びきのやぎのがらがらどん (7)

さあこいひとのみにしてくれる!とどなるトロルにとびかかり
三びきのやぎのがらがらどん (5)

あっというまに
つので めだまを くしざしに、
ひづめで にくも ほねも こっぱみじんにして、
トロルを たにがわへ つきおとしました


それからやまへ のぼっていきました
三びきのやぎのがらがらどん (6)

三びきのやぎのがらがらどん (8)

裏表紙
三びきのやぎのがらがらどん (9)

だいたいこんな感じです。

わたしがひどくひっかかった部分。
この、徹底した非情な排除の仕方。

八咫烏のひっかかった部分。
『あとでぼくより大きいのが来るから、そっちのほうがおいしいよ』ってそんな言い方あるか?

子どもには人気のある絵本ですよ、がらがらどんは。私も読み返すまでおおきいいやぎのがらがらどんは、たよりになるおにいちゃんだと思っていました。

リズムのよさ、繰り返しの楽しみ、緩急のある話運び。読み聞かせやペープサート(紙人形劇)では『おおきなかぶ』と並ぶ定番作品ではないでしょうか。私の昔の記憶に拠りますが。

しかしあらためて読んで見て、この内容子ども向けでいいの?本には
・読んであげるなら4才から。
・自分で読むなら小学校初級むき
と書いてあります。

おおきいやぎのがらがらどんがトロルを八つ裂きにするくだり、子どもはどう感じるんだろう。
私は大人の今になって読み返して、背中が冷えて固まったわけですが。

たとえば日本のお話だったらこういう展開にはならないんじゃないかと思うんです。
とんちをきかせて、まんまとだましてあっかんべーをしながら通り抜ける。殺さない。

神の国キリスト教圏は異教徒は人間扱いされないからそういうことなのか?
醜いものは生きる価値がないというのか?
森羅万象全てのものに神が宿るとごく自然に受け入れている日本人にはわからない感覚なのか?

八咫烏がひっかかった部分も同じことで、日本人の感覚だと自己犠牲。
どうぞボクをたべて、その代わりみんなを助けて、みたいな。
それを、後から来る方が美味しいですよとは何事だ?!と。

チームプレイか単独プレイかの違いでしょうか。

奥深く、いろんな事を考えてしまった絵本でした。
興味のある方は現物を読んで見てください。図書館にありますよ。



ひと押しお願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

黄色木香薔薇

Author:黄色木香薔薇
長野市と須坂市合わせて全部で11店舗を展開する木島屋&クリーニングアップル。 その9店舗目として2008年3月にアップルローズ桐原店としてオープンし、2013年1月に閉店。4年10カ月の経験をもとに若槻大通りアップル吉田店に引っ越しました。 来て・見て・楽しい!お店づくりを目指すのはこれからも一緒です。クリーニング工場も新築して、仕上がりにもますます自信あり!皆さま遊びに来てくださいね。
月~土9:30~19:30
日祝10:00~19:00
定休日はありません(T_T) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。