08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使をみた

八咫烏に聞いた話です。
先日整形外科医院の待合室に居た時のこと。
向かい側に車椅子のおばあさんと付き添いのヘルパーさんらしき女性がふたり座っていました。
おばあさんは八咫烏を見て、探し物を見つけた時のように嬉しげに声を上げ、うんうんとうなづきながら安らかな表情でこっちを見るのです。
多分もうしゃべることも出来ず、腕を上げてこっちを指さしたいんだけど腕も上がらないようです。
でも八咫烏にはおばあさんの声なき喜びの声も気持も伝わってきたので、おばあさんを見つめ返しながらうんうんとにこにこしながらうなずき返しました。

おばあさんの『あの人…だよ』という様な意思表示を隣に居たヘルパーさんが聞きとったのでしょうか。ヘルパーさんは『このひとは違うよ』と言って、おばあさんの車椅子をくるりと後ろ向きにしてしまいました。

だからおばあさんは二度とボクのことを振り向けなかったんだよ。と八咫烏はしんみりと言いました。

八咫烏のこと知ってる人だと思ったのかな、今は亡きだんなさんの若かりし姿にそっくりだったとか?
『いや、きっとあのおばあちゃんボクのこと死神だと思ったんだよ。まあ人によって見え方は違うだろうから天使に見えたかもしれないけどね』

翌日、この話が気になっていた私は八咫烏に聞きました。
このおばあさんはやすらかな場所としてもしかしてあの世を望んだのかもしれないけど、たとえば今現在健康で死から遠いと思われる私の前にコレが現われたとして、私には判るんだろうか。
判ったとしたら私は近々死ぬってことになるのかな。

『安らかな状態と言うのは人によって違うから、例えば長患いしてつらいと思っているひとと、今仕事が嫌で逃げ出したい、環境を変えたいと思っている人には別のかたちであらわれるんじゃないかな。要は自分を安らかな場所に導いてくれる人ってことだよ』

それは例えば、結婚願望のある女性にとっての白馬の王子様、みたいな?
だとしたら、今の私に白馬の王子さまならぬ、ロマンスグレーのおじさまは現われることがあるのでしょうか。

…今湯本さん思い出しちゃった。湯本さんはハゲだったけど、生きることを目いっぱい楽しんでいた素敵なおじさんだったなあ。出てきてくれないかな。


ひと押しお願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

黄色木香薔薇

Author:黄色木香薔薇
長野市と須坂市合わせて全部で11店舗を展開する木島屋&クリーニングアップル。 その9店舗目として2008年3月にアップルローズ桐原店としてオープンし、2013年1月に閉店。4年10カ月の経験をもとに若槻大通りアップル吉田店に引っ越しました。 来て・見て・楽しい!お店づくりを目指すのはこれからも一緒です。クリーニング工場も新築して、仕上がりにもますます自信あり!皆さま遊びに来てくださいね。
月~土9:30~19:30
日祝10:00~19:00
定休日はありません(T_T) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。