05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマキリ孵る

庭で見つけたかまきりのたまご、みっつのうちふたつの孵化を確認しました。
一つ目は暑くなりそうだなと予感させる晴れた日の朝でした。
カマキリ孵る (2)

ふたつめは午後から雨予報が出ていたと思われる肌寒い朝。なんでこんな日に孵化したのよあんたたち?大丈夫?
翌日も同じような気温と天気で、ほとんどの赤ちゃんカマキリはその場にとどまって葉っぱの裏側にぶらさがったまま。
カマキリ孵る (1)

SN3S0631.jpg

残り一つはまだ確認していません。

カマキリはが卵を産み付ける条件はいくつかありますが、その一つとして孵化したときにエサとなるカイガラムシやアブラムシがたくさん発生しているところを選ぶのだそうです。

実はこの卵たち、産み付けられたのは昨年楓の木に絡みついたツタのつるでした。枯れたのを取り残していたのを春先に相方が片付けていて見つけたのです。2mには届かないあたり。
カマキリは大雪を予報して高いところに卵を産み付けるといいますが、前の冬を思い出すにつけ、まさに大当たりだったわけですね。

その卵を鉢植えの高さ1mにも満たないムクゲの鉢植えに絡ませて春先からずっと待っていたのです。
カマキリの卵

すぐ隣にはミニバラの鉢がたくさん置いてあり、アブラムシの宝庫です。薬をまいた後に孵化したのでエサ場としておすすめはできませんが。
姫リンゴの若い葉先にアブラムシがぞろぞろとたかっていたのですが、そのアブラムシ目当てに蟻も一緒にたかっていて、生まれたてのカマキリは吹けば飛ぶようなひ弱さで、蟻に喰われていまいそうで移動は断念。

すぐそばにはカエルが虎視眈々と狙っていて、生まれたてをぱくりと喰われてしまったのを相方は目撃したそうです。そのためカエルがいないあたりにカマキリたちをせっせと移動。しかし移動させた先にエサ場はあるか?うむむ、悩ましい。

人間の過保護と心配をよそに、今ではカマキリたちも思いおもいに移動独立していきました。秋までに何匹生き延びるか。
成長した姿を順次報告します。

おまけの画像
カマキリのエサ場候補にするべく薬をまくのを控えている隣のミニバラ、咲きました。

アンネのバラ
h26バラ咲く (1)

ミニバラ 黄色
h26バラ咲く

ミニバラ オレンジ
h26バラ咲く (2)

ひと押しお願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

黄色木香薔薇

Author:黄色木香薔薇
長野市と須坂市合わせて全部で11店舗を展開する木島屋&クリーニングアップル。 その9店舗目として2008年3月にアップルローズ桐原店としてオープンし、2013年1月に閉店。4年10カ月の経験をもとに若槻大通りアップル吉田店に引っ越しました。 来て・見て・楽しい!お店づくりを目指すのはこれからも一緒です。クリーニング工場も新築して、仕上がりにもますます自信あり!皆さま遊びに来てくださいね。
月~土9:30~19:30
日祝10:00~19:00
定休日はありません(T_T) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。