08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃の絵画

映像より活字好きなので、テレビはニュース以外進んでみるほうではないのですが、唯一楽しみに毎回見ている番組があり、それが、新日曜美術館。
いつから新になったかよくわかりませんが。

前回はホイッスラーでした。
見始めて、これ前見たな、再放送だね。でも今なぜこの時期に?そんなことを相方と話しながら見てたのですが(最後まで見たら判りました今神奈川の美術館でホイッスラー展やってるんですね)、2度目に見ても良いものは良いです。
その中でこの絵が紹介されたを見たときあれ?と思いました。

その絵
ホイッスラー
ジェームズ=アボット=マクニール・ホイッスラー作
『黒と金のノクターン ― 落下する花火』

ねえねえ、この絵雪舟のあの絵に何か似てない?
相方に同意を求めるも、似てないよ、と即答。

あの絵。
雪舟
山水図(通称破墨山水図)(東京国立博物館)

前々回の新日曜美術館は雪舟でした。
番組の最後のほうで紹介されたこの絵を見た瞬間、覚醒した!と思いました。
何がかは分かりませんが、何かすごい絵だ!と思ったのですね。
見るのは好きだけど、専門知識も基本知識もありません。
雪舟のこの絵が国宝だなんてことも知りませんでしたし。

放送が終わったあと相方に頼んでこの絵をプリントアウトしてもらいました。目の前に飾って毎日見てればもっと何かが明確に覚醒するかも。眠っている脳みその部分とか。

そんな絵に、このホイッスラーの絵は似ている、と思ったのです。
共通点と言えば両作品とも短期間で仕上げた渾身の作、というところでしょうか。

雪舟の絵にいたく衝撃を受けている私に相方が言いました。
『羊毛フェルトで再現してみれば?』
はひ?と裏返った声しか出ませんでしたよ。

番組の中で中国人水墨画家が再現を試みていましたが、プロでも再現できていませんでした。
それを、確かにここ数か月羊毛フェルトでいくつも作品は作っているとは言うものの、猫や犬を作るのとは大違い、というか、羊毛フェルトは向かない気がする。
そうだよな、さすがにフェルトでは無理かと笑っていましたが、いや、やっぱりそれ以前の問題のような気も。

描かれた直後のこの絵を見てみたいなあ。

ひと押しお願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

No title

ホイッスラーは日本画から影響を受けたそうなので、参考にしたのかもしれませんね。
だから日本人好みなのかも。

マウントエレファントさま

ああ!そうですね!
着物を着た女性の絵や浮世絵を思わせる構図の絵などもありましたし。
ホイッスラー展も見に行きたいなあ!無理だけど。
Secret

プロフィール

黄色木香薔薇

Author:黄色木香薔薇
長野市と須坂市合わせて全部で11店舗を展開する木島屋&クリーニングアップル。 その9店舗目として2008年3月にアップルローズ桐原店としてオープンし、2013年1月に閉店。4年10カ月の経験をもとに若槻大通りアップル吉田店に引っ越しました。 来て・見て・楽しい!お店づくりを目指すのはこれからも一緒です。クリーニング工場も新築して、仕上がりにもますます自信あり!皆さま遊びに来てくださいね。
月~土9:30~19:30
日祝10:00~19:00
定休日はありません(T_T) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。