04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸にのって

昨日の信濃毎日新聞の記事の一部です。
歴史小説 (3)

大河ドラマ『真田丸』が始まり、私も久しぶりに日曜夜八時にNHkにチャンネルを合わせました。
大河ドラマを見るのは『江 〜姫たちの戦国〜』いらいのことです。
ちょっと前に信濃毎日新聞に連載されていた、池波正太郎の小説を読んで真田家に興味を持てたのも大きいです。

真田と言えば私にとっても地元。海津城址は子供の頃は遊び場で、石垣はみんなで競争して上ったし、
大きな木や碑もありかくれんぼや陣地とり鬼ごっこで走り回りました。
花見の時期は夜桜がライトアップされ、上から眺めると深海の中で桜が揺らめくようで、幽玄でそれはそれは美しかった。
全体に奥行きと影があり、その陰に妖しいものが潜んでいそうな魅力的な場所でした。


そんな子供時代のくせに、なぜか真田一族を知ろうとは思いませんでした。
毎年盛大に真田まつりも開催されているというのに。

大きな声では言えませんが、真田一族の名前が覚えられないのです。
今回真田丸の初回を見た後、相方に写真入りの相関図を探して印刷してもらいました。これでなんとかついていけるはずです。

私が夢中になって読んだのはこれ。

歴史小説 (1)

歴史小説 (2)

高橋克彦 陸奥三部作。
『炎立つ』は大河ドラマになりましたね。
『北条時宗』もなりました。持ってないけど
大河じゃないけど『火怨 北の耀星アテルイ』もNHkでドラマになりました。

でもなんといっても私が心奪われたのは
『天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男 九戸政実』

困ったところも含めて完璧な漢。
壮絶な死を遂げるのですが、そこに至るまでの間、読み進めながら作者に温情を願い続け、
義経が逃げのびてチンギス・ハーンになったみたいに生きのびてくれないかなと儚い望みを持ちながら最後のページでやっぱり死んでしまうともう号泣で、その後一週間はぼーっとしながら気づくと涙ぐむという日々を過ごしていました。

ここまで打ちのめされる死はその後、北方謙三『水滸伝』楽和の死。
こちらもそのシーンを思い出すと今でもうるうるします。読んだのはもう何年も前なのに。

『真田丸』は原作がある作品じゃなく、三谷幸喜の脚本。
これもまた楽しみのひとつで、一年間見続けながら、終わったころには真田ものを読みたくなっていたら嬉しいです。
さすがにちょっとうしろめたさを感じていたもので。

ひと押しお願いします(^_-)-☆
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

No title

海津城址は、桜のころいいですよね。
子供の頃は遠足の思い出強いです。
真田丸、地元ですので観ようと思います。
成功してもらいたいです。

マウントエレファントさま

一年は長丁場ですが
がむばって見ようと思います。
原作がないっていいですよね。
ココ違う!とストレス感じなくてすみます。
しかし草刈正雄はかっこよかった!
Secret

プロフィール

黄色木香薔薇

Author:黄色木香薔薇
長野市と須坂市合わせて全部で11店舗を展開する木島屋&クリーニングアップル。 その9店舗目として2008年3月にアップルローズ桐原店としてオープンし、2013年1月に閉店。4年10カ月の経験をもとに若槻大通りアップル吉田店に引っ越しました。 来て・見て・楽しい!お店づくりを目指すのはこれからも一緒です。クリーニング工場も新築して、仕上がりにもますます自信あり!皆さま遊びに来てくださいね。
月~土9:30~19:30
日祝10:00~19:00
定休日はありません(T_T) 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。